トップページ > 麻雀用語集 > 字牌(じはい、ツーパイ)

字牌(じはい、ツーパイ)

字牌というのは、麻雀牌の中で数字牌以外の牌のことを言います。

字牌は具体的には、東、南、西、北、白、發、中の7種類の牌で、全部で28個の牌で形成されています。

字牌は順子には使用出来ないので、数牌よりも使い道は少なくなりますが、白、發、中は3枚組み合わせれば鳴いても鳴かなくても1役として認められるし、さらに符の加算にもなるので、その点で考えれば数牌よりも価値のある牌とも言えるのです。

字牌は麻雀の役の中でも大きな役を作る時にも役に立つことも多く、特に麻雀の最高の役である役満にもよく使用される牌でもあるのです。

解りやすい役としては、白と發と中を3枚ずつ集めれば、あとはそのような組み合わせでも大三元という役満になるし、単純に字牌だけを使用してあがれば字一色という役満になるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン