トップページ > 麻雀用語集 > 地獄待ち(じごくまち)・地獄単騎(じごくタンキ)

地獄待ち(じごくまち)・地獄単騎(じごくタンキ)

地獄待ちとはすでに自分の待ち牌が捨て牌や相手がチーやポンをしてさらしている牌で、自分のあがる牌が1枚しかない牌で待つことをいいます。

地獄待ちは1枚しかないことで地獄単騎とも呼ばれていて、地獄待ちは待ち牌が1枚しかないので普通に考えれば確率的にもあがりにくいと考えられる待ちの形になりますが、一概にそうだとも言えないところが麻雀の面白いところなのです。

地獄待ちはしょうがなくそうなる場合もありますが、地獄待ちはよく字牌で待つことが多く、これは通常の数牌よりも相手が捨てやすい牌ということもあるのですが、字牌でもわざと場にすでに2枚捨てられている場合では、相手もまさかその牌では待っていないだろうと簡単に捨ててしまうことがあるのを見越して、わざと地獄待ちに使う場合が数多くあるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン