トップページ > 麻雀用語集 > 十三不塔(しーさんぷとう、しーさんぷーた)

十三不塔(しーさんぷとう、しーさんぷーた)

十三不塔とは麻雀におけるローカル役の1つで、一般的には採用されてはいない役ですが、十三不塔は麻雀を良く知っている人ならよく口にする役で、ローカル役の中では有名な役で、実際に採用している人達も多いのが特徴です。

しかし十三不塔の役の扱いは様々で、十三不塔を役満とするとこともあれば、流し満貫のように変則満貫としているところも多く見られるのです。

十三不塔が完成されるのは、親の配牌か子の第一ツモの完了時に、刻子も順子もなくて、搭子さえも出来ていない本当にバラバラの状態の時で、さらに雀頭として対子が1つだけ出来ている状態の場合を言います。

十三不塔は約33万分の1の確率で発生すると言われている、同じ最初の時点であがっている天和と比べると出現率は高いと言われていて、そのために役満扱いにするよりは満貫で扱われる方が多くなっているようです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン