トップページ > 麻雀用語集 > 三風刻(さんぷうこー)

三風刻(さんぷうこー)

三風刻とは東、南、西、北の風牌4種のうちの3種を刻子にした時の役で、現在は自分の風である役牌が含まれてもいいとされています。

例えば自分が東場の東家の場合では自分の風牌が東になりますが、この場合三風刻は東が入っていても役として認められるのです。

というのも、もともと三風刻とは自分の風ではないいわゆるオタ牌はとにかく粗末にされやすいということで、そのオタ牌を大事にする意味で三風刻という役が作られたと言われているのですが、オタ牌だけで三風刻を作るには、東場の東家と南場の南家しかこの役を作れないということで、後に自分の風牌を利用してもいいということになったようです。

三風刻という役は一般的には使用されていないローカルルールの役なので、参考程度に覚えておくといいでしょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン