トップページ > 麻雀用語集 > 三元牌(さんげんパイ・サンユエンパイ)

三元牌(さんげんパイ・サンユエンパイ)

麻雀の牌には字牌がありますが、三元牌とは字牌の中の白、發、中の3種類の牌の総称のことなのです。

三元牌は字牌の中でもどれでも3枚揃えれば1役になるもので、他の字牌の東、南、西、北の場合は自分の風でない牌だと役にならないのに対して、三元牌は嬉しい牌とも言えるのです。

さらに三元牌は麻雀の中でも最も高い役のいろいろな役満にも使われる重要な牌で、三元牌を全て3枚ずつ集めると大三元という役満になるのです。

それぞれどれか3枚と他が2枚の場合は小三元と言って役満にはなりまえせんが、それだけで4役つくことになるのです。

いずれかの三元牌を雀頭にする場合に平和は成立しなくなりますが、三元牌を雀頭にした場合には符点が2符つくことになるのです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン