トップページ > 麻雀用語集 > 差し込み(さしこみ)

差し込み(さしこみ)

麻雀においての差し込みとは、わざと相手に振り込むことを言います。

差し込みとはこのように、相手のあがり牌を予想して相手があがるのを望んだ上で相手にあがらせることをいます。

なぜこんなことをするかと言うと、普段麻雀の勝負で勝つためには、出来るだけ自分が数多くあがるか、もしくは相手に振り込まないことが基本になり、出来る・出来ないによって麻雀が上手い・下手い人と呼ばれるのですが、差し込みは状況によって勝つために必要な手段になるのです。

差し込みが必要な場面とは、差し込む相手以上に高い手を作っているプレイヤーがいる場合で、その高い手を上がらせれば自分で不利になる場合に行うのが差し込みなのです。

それよりも低い手だろうと思う相手に先にあがらせることで、自分の優位な立場をキープする時に差し込みは良く使われるのです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン