トップページ > 麻雀用語集 > 小手返し(こてがえし)

小手返し(こてがえし)

小手返しは自分が牌を場に捨てる時に、自分で今引いた牌を捨てるのか、もしくは自分でもともと持っていた手出しの牌かを悟られたくない時に遣うテクニックのことです。

小手返しはなかなか麻雀をはじめたばかりの初心者には難しい技になりますが、だんだん牌のさばきに慣れてくればそんなに難しいことではありません。

小手返しは自分で引いた牌を一瞬で手牌の一部に組み込ませるテクニックで、だんだんと自分の手が完成してきて相手に自分の手の進行状況を悟られたくない時や、常に小手返しをして相手に自分の手の進行を全く想像出来なくする人もいます。

小手返しはこのようにカモフラージュで使う場合もありますが、ただの手持ち無沙汰の時に行う人もいて、通常は手配の端にある牌で行われるのです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン