高点法

麻雀でアガった時の役には、いくつかの解釈ができるときもままあります。

そういう時には、高い方の点数を採用するという方法が高点法というもので、高い点数の方を採用するのは、そのほうが分かりやすく問題も起きにくいからです。

例えば、二盃口と七対子というのはどちらにも取れる場合がありますが、平和が絡むと翻数が上がりますので、たいてい二盃口を選ぶ事が多いです。

また、符計算にも絡んでくる事がありますので、高点法を用いておけばより高めを狙えます。

高点方と決めておけば、アガった時にもめませんのでスムーズに遊ぶ事ができます。

自分が麻雀をするときには、基本的に高点法を用いています。

麻雀で、何か基準を設けておくのは遊ぶ中で、大切な事なのです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン