トップページ > 麻雀用語集 > 現物ドラ(げんぶつどら)、ドラは現物牌(ドラはげんぶつはい)

現物ドラ(げんぶつどら)、ドラは現物牌(ドラはげんぶつはい)

麻雀のアガったときの点数を上げたいならばドラを活用しますよね。

通常はどういう牌がドラになるかというと、王牌の所に出ている牌の次の牌がドラとなります。

しかし、古典ルールの中にはドラの扱いが少し違うところがあり、王牌で見えている牌自体がドラとして扱うというものです。

これは、現物ドラ、又は、ドラは現物牌と呼ばれています。

これに対し、通常のルールはネクストドラ、ドラはネクストという風に呼ばれます。

この二つのルールの大きな違いは、ドラの枚数が変わってくる事です。

現物ドラの場合は最大3枚、ネクストドラの場合は最大4枚ドラが存在します。

こんな感じで、古典ルールというものも存在するということを覚えておいてください。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン