トップページ > 麻雀用語集 > 喰い断(くいタン)

喰い断(くいタン)

喰い断とは人が捨てた牌を喰って、または鳴いてタンヤオを作ることです。

タンヤオとは手牌にヤオチュー牌が1枚もなく、全て2~8の数牌で上がることを言います。

上がりの基本形は4面子1雀頭ですが、タンヤオは最も作りやすい役の一つで、他の役とも複合しやすいので、平和と並んで、基本の役と言われています。

早く上がりたいときに使える手ですが、喰い断なしというルールもあるので注意しましょう。

喰い断ありならタンヤオの価値は見逃せません。

自分が親なら連荘を狙いたいですから、とりあえずポンやチーを使ってタンヤオで早上がりを目指すことができるでしょう。

また喰い断ありならタンヤオのみでロンできます。

ただし、タンヤオに頼り過ぎると苦しい待ちになる事も多くなりますし、点数は低いので注意が必要です。

いずれにしても喰い断ありなしを麻雀を始める前に確認しておくようにしましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン