トップページ > 麻雀用語集 > 喰い替え・鳴き返し 喰い替え・鳴き返し

喰い替え・鳴き返し 喰い替え・鳴き返し

喰い替えとは完成していた面子の片方の端をチーしてもう片方の牌を切ることです。

順子の構成を変える時などに多く見られ、筋喰い替え、鳴き替えとも言います。

「喰い替えなし」というルールがよくあるので注意が必要です。

例えば、2,3,4萬という順子を持っていて、5をチーして2を切ると喰い替えになります。

しかし、5をチーしたときに2以外の牌を切っておき、後で2を切るというのは喰い替えではありません。

また2,3,4萬のほかに5,6,7萬をもっていて、8をチーして2を切るときは喰い替えとはみなされません。

2,3,4から3,4,5に移行したいとき、5,6,7があれば5をチーして5,6,7の順子を作り、2を切れば喰い替え禁止ルールでも打てる手です。

喰い替えのあり・なしは場によってルールが変わるので、事前に確認しておきましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン