トップページ > 麻雀用語集 > 九種九牌(きゅうしゅきゅうはい)

九種九牌(きゅうしゅきゅうはい)

麻雀で重要なのは最初の配牌です。

最初に来た牌があまりにも悪いと勝ち可能性は必然的に下がります。

配牌があまりにも悪い時の救済措置として九種九牌があります。

九種九牌とは配牌で一九字牌が九種類以上あった場合、自分の手牌を見せ、流局を宣言できるというものです。

ただし、自分のツモより前に鳴きが入り、ポン、カン、チーが行われた場合、流局は成立しません。

また、九種九牌を宣言するかどうかは本人の自由なので、そのまま続けて国士無双などを狙うという選択肢もあります。

他にも八種九牌、八種八牌でも流局可能とする人がいますが、ローカルルールのシステムであって、一般的ではありません。

九種九牌のような救済措置が他にもあるのでルールをしっかりと覚えましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン