危険牌

自分の捨てた牌によって相手を有利にさせてしまう、またはあがらせてしまうというのが麻雀の面白いところ。

自分の役を揃えることに夢中になっていては麻雀で勝つことができないわけです。

常に相手の牌も読んでいなければなりません。

他のプレイヤーがあがることができる、もしくはその可能性を持っている牌を『危険牌』と呼びます。

この危険牌を捨てることで誰かがあがってしまう、つまりロンされる(または、可能性がある)ということですから、上手く自分の牌として活用するようにしましょう。

例えば、ゲームがだいぶ進行しているにも関わらず一度もお目見えしていない牌がある場合、それに関連する牌は危険牌になる可能性があります。

絶対ではありませんが、誰かが2枚以上持っていることが考えられるからです。

危険牌の対義語で、自分が捨ててもロンされることがない牌を『安全牌』と呼びます。

略して安牌(アンパイ)と呼ばれていて、麻雀以外でも聞く言葉ですよね。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン