トップページ > 麻雀用語集 > キー牌(きーはい、きーぱい)

キー牌(きーはい、きーぱい)

麻雀をする上で考えなければいけないのが『キー牌』の存在。

この『キー牌』という言葉には厳密な解釈はないように思えますが、まとめて言ってしまうと【鍵となる牌】のことです。

キーパーソンとかキープレイヤーとかと同じ使い方で大丈夫です。

役を作ったり、あがりの為に重要になってくる牌のことを一般的には『キー牌』と呼びます。

ということは、ゲームの内容によってこのキー牌は変わっていくということ。

ツモる度に変わっていく可能性もあります。

最後の牌をキー牌と呼ぶのはもちろんですが、それ以前でも状況によってはキー牌の存在が出てきます。

『あの牌が来れば手が広がるぞ』なんて思う時の牌をキー牌と呼ぶのも間違いではありません。

人によっては『麻雀はこの牌とあの牌がキー牌なんだよ』という使い方で、キー牌という言葉を使ったりもします。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン