トップページ > 麻雀用語集 > 槓ドラ(カンドラ)

槓ドラ(カンドラ)

全く同種の牌を4つ集めることを槓と言い、その4つの牌をまとめて槓子と呼びますが、この槓を行う時には他のプレイヤーにそのことがわかるように【槓を宣言】しなければなりません。

槓をすると手牌が1枚少なくなり足りなくなるので、それを補充します。

その際にドラが1枚プラスされるというルールがあります。

この時のドラを『槓ドラ』と呼びます。

普通のドラと同じように槓ドラ表示牌が決められ、その表示牌の上位の牌がドラとなるわけです。

しかしこの槓ドラ、実は表示牌をめくるタイミングに色々とルールの縛りがあるのです。

暗槓の時と明槓の時でめくるタイミングが変わってきたり、いやいや、どちらも同じタイミングで槓ドラ表示牌をめくるというルールも存在します。

どちらのルールを採用するかによってドラをゲットできるかどうかが変わってくるという特徴を持っています。

雀荘や対戦相手またパソコンのゲームの種類などによって変わってくるので事前に把握しておきましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン