トップページ > 麻雀用語集 > 槓子(カンツ)

槓子(カンツ)

『槓子』とは、同じ図柄の牌を4枚集める行為である【槓】を行って作り出した面子のことです。

ポーカーで言うところの4カードですね。

麻雀の牌も同じ図柄の牌は4枚しか存在していないので、それを全て集めてしまうと『槓子』が完成するということになります。

暗槓子と明槓子、槓子には2種類あり、槓子の作り方によって呼び方が変わってきます。

暗槓子は他の【暗】と付く麻雀用語と同じで、自分の手牌の中にある暗刻子にツモなどで同じ種類の牌をプラスし完成させた相手に判らない槓子のことを指します。

明槓子も【明】と付いていることからもわかる通り、自分の手牌の中の明刻子にツモなどして同じ種類の牌をプラスし完成させた槓子のことを指します。

もしくは、元々持っていた暗刻子に、他のプレイヤーが捨てた同種の牌を合体させて完成させた槓子のことを指します。

槓子は『カン』と言って意思を示さないと槓子として認められないので気を付けましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン