トップページ > 麻雀用語集 > 槓材(カンざい)

槓材(カンざい)

自分の手牌の中にトイツがあったとします。

刻子にしたい時にポンを宣言して明刻子を作り出しますよね。

その明刻子に、ツモした牌、もしくはもともと手牌の中に同じ図柄の牌が存在しており、その牌を1枚加えて槓する行為を【加槓】と呼びますが、その時の「同じ図柄の牌」を『槓材』と呼びます。

または、明刻子ではなく、すでに手牌の中に揃っている暗刻子に、自分以外のプレイヤーが切った同じ図柄の牌を槓して槓子を作り出すこと(大明槓)ができますが、この場合の「すでに手牌の中に揃っている暗刻子」も『槓材』と呼びます。

槓材とは、【槓子を作り出す為の材料となる牌や暗刻子】を指す、ということですね。

同じ槓でも明槓のみに使用される言葉で、暗槓には使われることがありません。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン