トップページ > 麻雀用語集 > 槓(カン)

槓(カン)

面子は通常、同じ牌を3枚組み合わせて作るものですが、それに対して4枚の同じ図柄の牌を揃える面子を槓子(カンツ)と言います。

この槓子を作り出す為にする動きを『槓(カン)』と言うんです。

この槓、幾つかの種類に大別することができます。

【暗槓】と呼ばれる槓は、自分以外のプレイヤーの切った牌を全く利用せずに槓子を作り出すことを指します。

ツモで取得たり、元々の手牌の中に同じ図柄の牌が4枚あった場合に槓子を作り出すことですね。

『暗』があれば『明』があるもので、【明槓】と呼ばれる槓も当然のように存在しています。

明槓は他のプレイヤーが切った牌を頂戴して槓子を作り出すこと。

この明槓はさらに2つの槓に分けることができます。

まず【大明槓】ですが、これは自分の牌だけで作った暗刻子に他のプレイヤーの切った牌を加えて槓子を作ること。

【加槓】という槓もありますが、これはすでにポンした明刻子にもう1枚同じ図柄の牌を加えて槓子とすることです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン