トップページ > 麻雀用語集 > 仮り聴、仮聴

仮り聴、仮聴

あとひとつ牌が揃えばあがる状態、つまりあがりの直前の状態を聴牌(テンパイ)と呼びますが、そのテンパイの状態にも関わらず、牌の数や待っている状態・状況がイマイチで更なる変化を模索している状態を仮り聴(カリテン)と言います。

仮聴とも書きますが、読みは一緒です。

麻雀は可能性を見出すことから始まるゲームですから、手牌によって待ちの状態が狭いか広いかという考え方が出てきます。

待ちが広がればその分、可能性も広がるということです。

テンパイの状態でも手が変わるのを期待している、それを欲している状態を仮り聴と呼び、さらなる可能性を見出そうとしている状態のことを指します。

仮の聴牌(テンパイ)で『仮り聴』、ということですね。

仮聴とほぼ似たような意味で使われるのが【0.5向聴】という言葉。 厳密に言うと含まれるニュアンスに違いがあるのですが、同じ意味で使われることも多いです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン