上家

麻雀というゲームはプレイヤーの位置が非常に重要になってきます。

他の、例えばトランプや複数で行うボードゲームはその場でプレイする順番などを適当に決めますが、麻雀はそれさえも細かく決められているのです。

麻雀には親が存在し、その親からゲームが始まります。

そこから反時計回りにゲームが進んでいくのですが、この時、自分のひとつ前に牌を捨てるなどの行為を行った人、この人のことを『上家』と呼びます。

麻雀は主に4人が四角い卓を囲みプレイします。

その時に左斜め前に座っている人が上家です。

ということは、右斜め前に座っている人にとっては自分が上家ということになりますよね。

このように場所にも細かく名前が付いているのが麻雀の特徴。

プレイ中はそこまで関係ないかもしれませんが、麻雀を覚える際にはこういった位置関係が大事になってくるので覚えておく必要があります。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン