トップページ > 麻雀用語集 > 花鳥風月

花鳥風月

麻雀には公的なルールでは採用されていないが、ある地域でしか通用しないような、または、今では使われていないが少し前までは各地で親しまれていたようなルールが存在しており、一般的にはローカルルールと言われています。

そのローカルルールのひとつに『花鳥風月』というルールがあります。

『花』は五筒を指し、『鳥』は一索、『風』は門風牌or荘風牌を指し、『月』は一筒を指します。

それぞれを刻子にする役のことを『花鳥風月』と呼びます。

あがると役満となります。

それぞれの牌に暗刻か明刻かという制限は設けられておらず、また、カンツで揃えられていても問題となりません。

雀頭も特に決められておらず、この部分に関しては何でもありです。

中国からの役の名残とされており、しかし今ではあまり使用されることのない花鳥風月ですが、この名を冠にした麻雀ゲームもあるくらいなので、根強い存在と言うことができるのではないでしょうか。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン