安目とはテンパイした時の待ちが複数ある場合に、その一方であがった場合には点数が低くなる方の待ち牌のことを言います。 その反対に点数が高くなる方の待ちの方は高目

安和了とは、安い点数のあがりでその局を終わらせることを言います。 安和了は流れ的に自分の手がどうしても安くなってしまう場合ももちろんありますが、安和了は故意的

焼き鳥とは、半荘で一度もあがれなかった人に対して課せられるペナルティーのことを言います。 焼き鳥をルールとして採用するかしないかは、 それぞれの場で決められ

ヤオ九牌とは麻雀牌の中では老頭牌と字牌のことで、合計で13種類の牌の総称のことです。 ヤオ九牌は別の言い方では一九字牌とも呼ばれるのです。 老頭牌とは数牌の

モロ掛けとは、モロ引っ掛けを略して読んだ言葉です。 モロ掛けとは、リーチをかけた牌のスジ牌で待つことを言います。 麻雀にはスジというものがあって、それは1.

モロ裏とは、モロの裏スジを略した言葉です。 裏スジとは捨て牌の隣のスジのことを指すもので、一般的には少し危険度の高い牌になります。 モロ裏とは特にはリーチ宣

麻雀用語でよく耳にする言葉で「ドラ」と言う言葉があります。 その「ドラ」に関連する言葉で、「元ウラ(もとウラ)」に関して説明していこうと思います。 槓が成立

麻雀用語でよく耳にする言葉で「ドラ」と言う言葉があります。 その「ドラ」に関連する言葉で、「元ウラ(もとウラ)」に関して説明していこうと思います。 槓が成立

麻雀をしていて「もしラス」という言葉を耳にするかもしれません。 この言葉は麻雀用語というよりも雀荘でのマナー用語と言えるでしょう。 もしラスは「もしかしたら

「盲牌(もうパイ)」という麻雀用語について説明して行きましょう。 牌の図柄は印刷や記載しているものではなくて、彫って凹凸をつけて表しています。 その為指の腹

面子多々(メンツターター)という麻雀用語があります。 面子多々というのは基本の四面子一雀頭に対して、手の内の面子の候補が余分に多くなっていることを言います。

麻雀用語でよく耳にされるかとは思いますが、面子(メンツ)という言葉について説明しましょう。 メンツは麻雀をするメンバーのことを表することもあり、「麻雀をするメ

麻雀の役の略語であるメンホンについて説明していきましょう。 メンホンは門前の混一色のことを意味します。 門前というのは門前清(メンゼンチン)のことで、河から

麻雀用語のメンチンというのは麻雀役の略語です。 メンチンについて簡単に説明しますと、門前の清一色のこととなります。 門前というのは、自分の手牌だけで完成して

麻雀をしていて、鳴きかずに役を完成させた場合、その役の事を門前役(メンゼンやく)というのです。 その門前役を意識して作ることで麻雀をしている方などは門前派(メ

麻雀用語の一つである門前加符(メンゼンカフ)ですが、 これは門前清(メンゼンチン)が先に成立することによって作り上げることができる符となっています。 まず門

門前清(メンゼンチン)という麻雀役があります。 この門前清は河からポンや、チーや、カンをしないですべてツモのみの手牌で構成している状態を言います。 その為リ

麻雀の役の一つである「門風牌(メンフォンパイ)」。 自風牌と同じ牌のことを言い、これを刻子や槓子などで集めることによって役が成立するのです。 自風牌は自分の

麻雀用語の一つである迷彩(めいさい)というのは相手に自分の手牌を読まれないような状態の河になっていることを言います。 河には捨て牌が並ぶので、いらない牌から想

無理鳴きというのは麻雀用語で、 役などない状態で無理に鳴くことを言います。 役などなくどうすることもできないのに、 麻雀のゲームの展開から鳴くしかない場合

麻雀用語の基本中の基本である自獏(ツモ)という言葉をご存知でしょうか? 麻雀をする際には牌を山(壁牌)から1つずつ取ってから自分に必要な牌なのか、 そうでな

麻雀用語の無スジについて説明して行こうと思います。 その前に「スジ」というものに関してですが、スジは順子の手前の状態を言います。 搭子の状態になっている時に

麻雀の役の一つである「明刻子(ミンコーツ)」について説明しましょう。 まず刻子(コーツ)について簡単に説明すると、 刻子は同じ牌を3つ一組でそろえる事を言い

麻雀用語の一つで役となる「明槓子(ミンカンツ)」について説明をしましょう。 「槓子(カンツ)」というものについてから説明をしますが、カンをして同じ牌を4つ一組

麻雀用語の見逃しというのは、「これであがれるのに、ロンをして和了しない事」を言います。 他家によって河に打ち出された牌をロンして手に入れると和了してあがれる状

見せ牌というのは麻雀をしていて牌をひっくり返して見えてしまった牌のことや、見せてしまった牌のことを言います。 見せ牌にしてしまった行為は自らの故意であろうが、

麻雀の牌には数牌である萬子(マンズ)索子(ソウズ)筒子(ピンズ)そして、風牌と三元牌である白、發、中があります。 34種類136枚の牌を使用して麻雀を楽しむこ

麻雀用語の満州(マンシュウ)というのは、 麻雀で上がりの点数が多くなりすぎないように点数に限度を加えて 制限した満貫の別名のことを言います。 元々満州と

麻雀用語の「満貫(まんがん)」について説明して行きましょう。 満貫というのは簡単に言うと 麻雀のあがる時の点数が大きくなりすぎないように 一定の点数を決め

回し打ちという言葉は麻雀の手の用語の一つです。 麻雀をしていて自分の手牌の役などにこだわりすぎて 他にもプレーヤーがいることを忘れがちになってしまいます。

ブー麻雀をした事のある方ならマルA(まるエー)マルB(まるビー)マルC(まるシー) という言葉を耳にした事があるのではないでしょうか。 先にお話しますがブー

麻雀の役の一つで、ローカルルールで使用されることがあります。 通常のフリー麻雀や、インターネットなどで遊べるオンライン麻雀などでは 使用されることはほとんど

麻雀用語の一つである待ち頃(まちごろ)ですが、 何を待つのかというと「良い牌」です。 自分にとって良い牌を、「山に残っているところから待つ」や、 「他家が

麻雀用語の一つである前出し(まえだし)について説明していきましょう。 前出しは麻雀の役などではなくて一般的に雀荘などで使用される言葉で、 麻雀を楽しむ場所な

麻雀を楽しむために必要なアイテムである麻雀牌について説明していこうと思います。 現在日本で麻雀を楽しむ場合に必要な牌は萬子(マンズ)索子(ソウズ)筒子(ピンズ

麻雀というのは基本4人で楽しむテーブルゲームとなっています。 4人で卓を囲んで、牌を使用して楽しむゲームとなっていて、 各ゲームの勝ち負けを点棒を使用して点



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン