トップページ > 麻雀用語集 > か行 > 形式聴牌、ケーテン

形式聴牌、ケーテン

麻雀でアガル前には必ず、聴牌になっている必要があります。

その聴牌はあとは最後の一枚が入ればアガル事ができるという状態です。

ところで、形式聴牌と呼ばれる形の聴牌がありますよね。

この形式聴牌は、流局のときにアガル役は無いが形だけの聴牌を維持しているときの事を言います。

なぜこんなことをするかというと、流局時に聴牌で無いとノーテン罰符を払うこととなります。

このノーテン罰符を取られるのは結構厳しいので、形式聴牌は重要なんです。

形式聴牌の状態でも海底、嶺上開花、槍槓などではアガル事ができます。

しかし、そう上手くチャンスは来ないと思うので、あまり期待はしないほうが良いですよ。

形式聴牌をするときは覚悟を決めてどんどん鳴いて、手を進めていきましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン