トップページ > 麻雀用語集 > か行 > 黒棒差(くろぼうさ)

黒棒差(くろぼうさ)

麻雀が終わったときには点棒を数えますが、その点棒の多さによって、勝敗が決まります。

大きく点数に差がつく時もあれば、わずかの差しかなくても、勝負がつくこともあります。

その時に、1000点未満の差しかないときの事を黒棒差といいます。

なぜ、黒棒差と呼ぶかというと、100点棒は黒しか使っていないからです。

他の点棒は、赤が入っているので、黒棒に当てはまるのは100点棒だけなんです。

この黒点棒の場合はとても僅差ですので、まくられたときはとても悔しいです。

あと一回クズ手アガっておけば...一回聴牌で終わっていたら勝てたのにという思いは、経験した事のある人は沢山いますよね。

黒棒差で負けるということは、わずかに運が無かったと割り切るしかないでしょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン