トップページ > 麻雀用語集 > か行 > クズ手、屑手(くずて)

クズ手、屑手(くずて)

麻雀でアガル時には必ず何らかの役が必要となります。

その役ですが、翻数が低く点数が低いものとなることもあります。

他の役と組み合わせると、良い感じになる役も、単体ではたいした手では無いこともあります。

そういう、たいした事が無い手をクズ手と呼びます。

クズ手はアガったところで、たいしたことない(1000点くらいでしょう)のでもっと良い手でアガリたいところです。

しかし、接戦の時には1000点くらいでも勝ち負けが分かれることもよくあるので、全く意味が無いということではありませんし、相手が大きな手を作っているのが判った時にアガり阻止にも活用する事が出来ます。

やはり、一発大きくアガリたいというのは皆さん思うところですよね。

もしも手が揃ってしまったときに、アガルか、さらに上の手を目指すかはあなた次第です。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン