トップページ > 麻雀用語集 > か行 > 喰い下がり(くいさがり)

喰い下がり(くいさがり)

麻雀で副露、つまり鳴いた場合、同じ役でも点数が下がることを喰い下がりと言います。

一般的に副露によって役が下がるのが全体役、順子役、下がらないのが刻子役、槓子役です。

喰い下がりによって点数、正確に言うと翻数は多くの場合1段低くなります。

例えば二翻の役は一翻に、三翻の役は二翻になります。

有名な役で説明すると三色同順、一気通貫、チャンタは二翻から一翻になります。

三翻から二翻になる役はホンイーソウ、ジュンチャンです。

清一色は六翻から五翻に下がります。

点数で勝負する麻雀にとって、役が下がるのは痛いところと言えます。

鳴くことで手が早く作れるので有利ですが、役の翻数が低くなるというデメリットもあるので、やたら鳴くのではなくよく考えて使うべきでしょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン