麻雀で局というのは重要な単位の一つで、配牌から誰かが上がるまでのことを言います。

誰も上がれなくても流局となり、局は進みます。

麻雀は一回の対戦で獲得したトータルで点数を競います。

各対戦で何局やるかは、東風戦・半荘戦・一荘戦など、打つ時のルールによって異なります。

麻雀はで多いのは半荘戦で色んな意味でバランスが良く多くの方が利用しています。

半荘は東1局から始まって東2局、東3局、東4局、南1局、南2局、南3局、南4局で終わりです。

子が上がると局が進みますが、親が上がると局は進まず、本場が増えます。

親が上がり続けると局が進まないので、1ゲームでの回数が増えるという事になります。

1ゲームが8局で終わることは、多くの場合なくて、少なくとも10局以上になるのが普通と言われています。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン