トップページ > 麻雀用語集 > か行 > 強打(きょうだ)

強打(きょうだ)

麻雀において強打とは危険牌を通すこと、または捨牌などを卓に強くたたきつけることを言います。

危険牌とは、テンパイしている人がロンする可能性がある牌のことで、自分がそれを捨てることで、相手に勝機を与えてしまうので危険です。

逆にテンパイしている人がロンする可能性がない牌を安全牌と言います。

局が始まってからまだ一度も捨てられていないような字牌、役牌は特に中盤以降危険と言えます。

そのような牌は誰かが2枚持っている可能性があり、それを捨てればロンかポンされることになります。

ドラ牌も点数が高くなるので捨てづらいですし、誰もがドラを利用しようとするので、ドラのそば、ドラのスジ牌も危険と言えるでしょう。

4人が捨てた牌、ドラ牌などをよく見て、対戦相手が何を待っているかを考えることが必要です。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン