和了するだけが麻雀ではありません。 自分の手配・相手の手配・和了までの道のりなど色々な事を考えた結果、リスクが高いと思った時は素直にオリるようにしましょう。

麻雀は和了することを目的としているのですが、和了ばかりできないことは皆さん分かっているでしょう。 麻雀は4人でするため単純に考えて和了することができるのは、4

麻雀の割れ目ルールというルールの中で、親が「割れ目」になることを言います。 割れ目ルールというのは、点数をさらに引き上げるルールのことを言い、簡単に説明すると

親流れとは親が移動することを言います。 親は、東南戦の場合回ってくるチャンスが2回以下なので大事にしたい局ですよね。 では、どんな時に親流れが発生するかと言

麻雀を始まる前には、必ず親決めを行わなければなりません。 親の決め方として一般的なのが、麻雀の席を決めるときに東を引いた人を仮東(カリトン)と呼び、仮東になっ

親かぶりとは親の時に子にツモ和了されることを言い「親かぶり」と言われ他家の倍額点数を支払わなければいけなくなります。 親になれば子に比べて、1.5倍の得点にな

麻雀における親とは、その局の東家のことを言います。 その局で親が和了すれば連荘となり、次の局も続けて親をすることになります。 親が聴牌の状態で流局した場合は

オヒキという言葉はなかなか聞いたことがないかもしれません。 オヒキとは麻雀でコンビの補助側の方を言います。 麻雀ではもちろんイカサマで反則行為なのですが、コ

順子をずらして槓(カン)することを言います。 まず「槓(カン)」とは、同一牌四枚を一組とする特殊な組み合わせ槓子(カンツ)を作ることを言います。 なかなか言

麻雀で最後の一局を示す言葉として、オーラスという言葉が使われます。 半荘戦の場合は南四局、東風戦の場合は東四局のことを言います。 語源はALL LAST(オ

オープンリーチとは開立直と漢字で表記されることが多く、略してプンリーと言われることがあります。 オープンリーチとは、リーチする時に手牌を他家に公開することによ

エレベーターとはイカサマの方法の1つです。 エレベーターは、数枚の牌を握り込み、適宜状況に応じて手牌と入れ替えるといったイカサマの方法です。 なぜエレベータ

上ヅモすり替えとは、すり替え系のイカサマの方法の1つです。 すり替え系のイカサマとは、牌のすり替えを行うことによって、有利な方向へ導く不正行為の1つになります

裏目とは、面子選択などで失敗することを言います。 裏目という言葉を動詞化して、「裏目る・裏目った」などと言われることがあり同じ意味を指します。 例えば、切る

一色手(いっしょくて)とは、混一色(ホンイツ)と清一色(チンイツ)の二つのことを言います。 一色手の特徴は、何と言っても鳴いて(ポン・チー)も高打点が見込める

麻雀における不正行為を一般的にイカサマと言われています。 イカサマは麻雀の公正さを乱す行為のため、単なるマナー違反やチョンボよりも重大な反則として位置づけられ

聴牌に達するまでには、必ず通らなくてはいけない状態があります。 それが一向聴という状態で、後一枚要牌を引ければ聴牌になるという事を言います。 例えばもう2枚

麻雀では絶対に当たらない牌というのがあり安全牌・安牌と呼ばれています。 ではどのような牌が安全牌だというパターンを紹介すると、現物と言われる聴牌している人が捨

対局の時には、自分の手牌はいろいろな形を持ちます。 その時に、面子のなかに暗刻を持っている場合はある現象が起きる事があります。 それは、暗刻スジと言うもので

麻雀で手を作っていく時には、面子を作っていきますよね。 その面子で、良く作ることになるのが、刻子という形で、同じ牌を3枚集めることで作るのが、刻子というもので

麻雀の面子には3種類あり、刻子、順子、槓子が存在します。 この中で、槓子というのは同じ牌を4枚集めて作るのが槓子という面子の形です。 この槓子には暗槓子と明

麻雀の勝負では、この局はもうアガれ無いと悟ってしまう事がありますよね。 そういう場合は、無理をせずにもうオリた方が賢明な選択ですね。 そして、そういうオリた

麻雀を打つときには全自動卓を使っている人が増えていますよね。 その全自動卓にもいくつかのメーカーや機種があり、全自動卓には、大洋化学が出しているアモスというも

麻雀の中で、鳴きに関するルールと言うものはいくつかあり、そのルールの中で重要なものが後付けというものです。 後付けとは何かと言うと、和了したときには何らかの役

麻雀の待ちの形にはいろいろなパターンがありますが、いつも良い形で待てるとは限りません。 時には、なかなか入りにくい形で待たざるを得ない場合もかなりあります。

麻雀では複数の人が同じ牌で当たり牌だという事が起こり頭跳ねと呼びます。 そこで、そのあたり牌を打牌したときに、どういう風に処理するかと言うのはいくつかのルール

雀荘での麻雀は面白いですが、雀荘ならではのルールというものがあります。 雀荘で負けたときに、金を払わず帰ってしまうのを防ぐために預かりと言う制度があります。

あなたは、聴牌即リーチの麻雀をするタイプですか。 早めにリーチをかけるということはその分、他家にプレッシャーをかけるという事にもなります。 このように、リー

麻雀の戦い方にはいろいろな種類があり有効なものが数多くあり、その中に亜空間殺法と呼ばれる地味ながら確実な戦法が存在します。 この亜空間殺法とは、自分のツモの流

麻雀のルールには、親に対して有利なものが多く存在しています。 親が和了すると、続けて親を務める事ができるというルールがあり、これをアガリ連荘、アガ連と言います

麻雀では、親が和了したときには、親をもう一回できると言うルールがあり、他家が和了するか流局にならなければ親は移りません。 オーラスのときに親が上がった場合は、

麻雀の世界にはルールを守らない人には、罰則がつきものです。 その罰則の中にアガリ放棄というものがあり、この罰則はその局において和了できないこととなる事です。

麻雀の点数を伸ばすときには、ドラをを絡ませるのが最適ですね。 そのドラには特殊なものがあって、その1つに赤ドラと言うドラがあります。 赤ドラとは数牌の5の牌

麻雀の点数計算のルールに、ちょっと変わったものがあるのをご存知ですか。 それは青天井と言いとにかくどんどん点数が上がっていくというルールなんです。 通常、和

雀荘で麻雀をやっていると、現金が足りなくなってしまうこともよくあることです。 そういう際には、雀荘からお金を借りることとなる場合があります。 このことを雀荘

麻雀には捨てると危険な牌と言うのが存在します。 それが、間四間という裏スジのもののことです。 間四間とは、例えば2と7が捨ててあったらそれぞれの裏スジの3と



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン