トップページ  >  点数計算  > 特殊状況での符の形式

一色四順とは、麻雀の公式ルールに載っていない所謂、ローカルルールで採用されている役です。 ルールとして採用されている場合の扱いは役満となっていますが、狙って揃

麻雀において、ロンによって相手の捨て牌でアガルことができます。 そして、たまに2人以上のプレイヤーが同じ捨て牌によって、ロンによりアガることがあります。 こ

焼き鳥とは、半荘を続ける中で終了までの間、1度もあがれなかった人がいた場合、罰符として自分の点数を支払うというものです。 例えば、全員に5000点を支払ったり

供託とは、立直{リーチ}の宣言の際、場に千点棒を出すことを言います。 立直とは、テンパイを宣言する行為で、リーチの時に出す千点棒のことをリーチ棒といいます。

一度でも、ゲーセンなどにある麻雀ゲームや、ケータイの麻雀ゲームをやったことがある人ならば思い当たるかもしれませんが、あの手のゲームは、はじめのうちよく流局で終わ

特に初心者にとって、麻雀の点数計算は本当にアタマを悩ませる部分です。 分かる人といつでも一緒に麻雀ができるとは限らないわけで、点数の計算が遅くなるとゲームの進

麻雀において割れ目というルールが広まったのは、フジテレビ系で放映されている「われめDEポン」、通称われポンで割れ目が採用されていることが大きなきっかけでした。

切り上げ満貫とは、30符4飜、もしくは60符3飜における、子7700点、親11600点という点数を、満貫と同等として子8000点、親12000点に換算することを

場ゾロとは、現在の麻雀ルールにおいて、規定の役やドラにおける飜の数に、さらに2飜分を付加する決まりのことを言います。 これが2飜分であることから、リャンゾロや

喰いさがりとは、喰う、つまり鳴くことで自分の手を作った場合にある特定の役に限り、飜数が一つ下がってしまうことを言います。 これは、鳴くことで手を作るのがある程



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン