トップページ > 点数計算 > 符を用いない点数処理

符を用いない点数処理

特に初心者にとって、麻雀の点数計算は本当にアタマを悩ませる部分です。

分かる人といつでも一緒に麻雀ができるとは限らないわけで、点数の計算が遅くなるとゲームの進みも遅くなり、あまり楽しくありません。

ですから、最初のうちは、細かい点数計算なしでも遊べるような、符を用いない点数計算方式を採用するのも一手です。

符を用いない点数計算は、色々なゲームや麻雀の本、漫画などで提唱されています。

取り決めは非常にシンプルで、1飜で1000点、2飜で2000点、3飜で4000点(これを3900点、いわゆるザンクにするところもある)、4飜と5飜が満貫8000点、6と7飜が跳満12000点、8から10飜で倍満16000点、11、12飜が3倍満、そして13飜以上で役満32000点とします。

親はこの1.5倍となります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン