トップページ > 点数計算 > ペンチャン

ペンチャン

ペンチャン待ちは辺張待ちと書きますが、これはなんとなくイメージとしてわかるとは思うのですが、端っこの牌を並べ、それに続く、もしくはそれに先立つ牌を待つ形式です。

例えば一筒、二筒ときて三筒を待つ場合、もしくは八筒、九筒があって七筒を待つ場合など、とにかく端っこを持っていてそれにくっつくものを待つのが、ペンチャン待ちです。

カンチャンに比べると面子になる確率が少し低いと言えます。

なぜなら、一つの待ちにつき、ひと通りしか当たる牌がないからです。

カンチャンでは、例えば一筒、三筒で待っていたとしても、二筒だけでなく、四筒が来ればリャンメン待ちに切り替えられ、待ちの幅が広がります。

ですが、ペンチャンでは、一筒、二筒を持ち三筒を待っていれば、それしか選択肢がないのです。

三筒が来なければ、この順子を落として別な手に変更しなければなりません。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン