トップページ > 点数計算 > カンチャン

カンチャン

カンチャン待ちという方式は、例えば一筒と三筒で待ち、二筒が当たり牌である場合のことを言います。

この形式から、別名穴ぼこ待ちなどとも呼ばれます。

カンチャン待ちは、その待ち牌が読まれ難いという特徴を持っています。

さらに、例えば一筒三筒で待っていて四筒が来た場合、三筒四筒のリャンメン待ちにすることができる、というメリットもあります。

待ちの形でも符が付加されるのですが、カンチャン待ちでは2符つきます。

意外と待ちのバリエーションは少なく、カンチャンでの待ちの形は全部で21種類しかありません。

萬子、筒子、索子のそれぞれに各7種類ずつです。

また当然ですが、待ちの牌は必ず、2?8の中張牌になるという特徴も持っています。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン