トップページ > 点数計算 > リャンメン

リャンメン

リャンメンという言葉は、よくテープなどで聞く言い方です。 両面テープをリャンメンと言うのは、麻雀から来ているのですね。 麻雀には、テンパイしている状態の中でも、待ちの種類というものがあり、どの牌が来ればアガりなのかということによって、様々な待ちがあります。 リャンメン待ちはその名の通り、順子で真ん中の2牌があり、その前後どちらの牌が来てもアガれる状態の待ちのことです。 例えば、七筒と八筒のリャンメン待ちの場合、アガるには六筒もしくは九筒が必要になりますですが、九筒が来た場合にはタンヤオでアガることができなくなります。 もしメンタンピンを狙っていた場合、飜が一つ減ってしまうことになります。 ただし、流れが欲しかったり、後1000点で同点、というような接戦の場合は、役が減ろうがアガることが最優先されます。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン