高点法

麻雀のルールや役というのはかなり複雑ですし、牌の組み合わせもほとんど無限と言ってよいほどです。

ですから、当然、役の計算方法、得点の計算方法でも、複数の解釈が可能な場合というのが存在します。

その場合、どんな基準で点数を計算するのでしょうか。

それが、高点法と言う方法で、ようするに一番高い点数になるように計算せよ、というルールのことです。

具体的には、手牌として二筒と四筒、五筒が対子であり、三筒が1つあって三筒でアガった場合、筒子は二筒が対子で三筒四筒五筒が一盃口となります。

しかし、もし他に二索三索四索ならびに二萬三萬四萬があった場合、これは三色同順となるのでこちらのほうが点が高いのです。

こうして複数通りの取り方が出来る場合は、より高い点数の方を取るのが原則なのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン