符計算

麻雀の点数計算は、ざっくり言うと符と飜をもとになされます。

このうち、飜についてはそれほど難しいことはありません。

どの役は何飜、と決まっているのでそれに従って計算すればよいのです。

ですが、初心者をいつも躓かせるのは符の計算です。

符の計算をする時に、まず抑えておきたいのは、「アガったら20符」であるということです。

これをフーテイ(副底)と呼びます。

それに加え、アガり方、待ちの形、そして牌の組み合わせ、それぞれに符がつきます。

これらの符の数を足し、さらに1の位を繰り上げたのが、最終的な符の数となります。

この符と、飜を組み合わせて点数を計算しますが、これが適用されるのは5飜までで、6飜以上、いわゆる跳満以上では、符は関係なくなります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン