トップページ  >  点数計算  > 上がり時の形式

四連刻とは、すーれんこ―と呼び、麻雀においてローカル役の一つです。 これは、同色で四つの連続の刻子において成立するものです。 同色とは、萬子などのことを言い

アガラスとは、最終局の場面でラスが確定しているプレイヤーがアガりをする場合、そのアガりによって、そのプレイヤーがラスを確定させてしまうことをいいます。 このア

ペンチャン待ちは辺張待ちと書きますが、これはなんとなくイメージとしてわかるとは思うのですが、端っこの牌を並べ、それに続く、もしくはそれに先立つ牌を待つ形式です。

カンチャン待ちという方式は、例えば一筒と三筒で待ち、二筒が当たり牌である場合のことを言います。 この形式から、別名穴ぼこ待ちなどとも呼ばれます。 カンチャン

ダブル役満とはその名の通り、2つの役満を複合した状態でアガることを言います。 ダブル役満の例としては、例えば大三元と字一色を同時にアガる場合があります。 大

麻雀の花形と言えばなんと言っても役満です。 麻雀小説というジャンルがあるのですが、概ね役満をアガった登場人物はなんらかの不幸に見舞われます。 人生において「

満貫とは点数で言えば子のアガりで8000点、親のアガりで12000点です。 では、どのような符、そして飜であれば満貫となるのでしょうか。 まず、5飜あれば符

場ゾロとは、現在の麻雀ルールにおいて、規定の役やドラにおける飜の数に、さらに2飜分を付加する決まりのことを言います。 これが2飜分であることから、リャンゾロや

麻雀の点数計算には、喰い平和形を含めて、いくつかの例外があります。 具体的には、七対子における符の計算、平和の形における符の計算がその例外になります。 そも

麻雀の符の計算は非常に覚えづらいと思われがちですが、順を追って、ちょっとずつ理解していけば、必ず覚えることができるので、実践を積み上げていくことが大事です。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン