トップページ  >  点数計算  > 符、役の数え方

四連刻とは、すーれんこ―と呼び、麻雀においてローカル役の一つです。 これは、同色で四つの連続の刻子において成立するものです。 同色とは、萬子などのことを言い

麻雀には数多くのインフレルールと呼ばれるルールがあります。 例えば面子によって、全ての点数を倍にしてみよう、という取り決めをはじめとして、勝ったときに貰える点

ダブル役満という言葉があります。 普通の意味では、役満同士を複合した手をアガった場合に、役満の倍の点数を受け取ることができるというものです。 しかし、実際の

麻雀のルールや役というのはかなり複雑ですし、牌の組み合わせもほとんど無限と言ってよいほどです。 ですから、当然、役の計算方法、得点の計算方法でも、複数の解釈が

麻雀ほどローカルルールや細則が多いゲームも珍しいです。 それはつまり、そもそも麻雀そのもののルールが細かいことを意味しています。 プレイヤーたちが自分たちの

ダブル役満とはその名の通り、2つの役満を複合した状態でアガることを言います。 ダブル役満の例としては、例えば大三元と字一色を同時にアガる場合があります。 大

数え役満とは、通常の役満に当たる役ではなく、他の役の積み重ねによって13飜以上の飜数になってしまった場合に、3倍満ではなく役満分の点数を得ることができる制度のこ

麻雀の花形と言えばなんと言っても役満です。 麻雀小説というジャンルがあるのですが、概ね役満をアガった登場人物はなんらかの不幸に見舞われます。 人生において「

麻雀におけるアガりも3倍満ともなればかなりのインパクトを誇ります。 満貫以上ではチマチマした符の計算なども必要ありません。 役満以下の11飜以上であれば3倍

麻雀初心者の人は特に、3飜、4飜あたりの計算式が非常に難しいと思う人が多いのではないでしょうか。 5飜以上であれば満貫確定ですが、3飜や4飜の場合符の数によっ

麻雀の点数計算で難しいのは符の計算なのですが、跳満以上の場合は計算が非常に楽になります。 どういうことかと言うと、まず、子の満貫は8000点です。 跳満は満

アガりの符の数が30符になるのはどんな場合でしょうか。 まず、副底としての20符があります。 これに10符プラスされた場合が30符と考えられます。 ですか

麻雀の点数計算において、特にネックになるのが符の計算であることは、多くの人の意見を待たないところです。 それほど、符の計算は覚えづらく、やっかいだと感じる人が

麻雀の点数計算には、喰い平和形を含めて、いくつかの例外があります。 具体的には、七対子における符の計算、平和の形における符の計算がその例外になります。 そも

麻雀の符の計算は非常に覚えづらいと思われがちですが、順を追って、ちょっとずつ理解していけば、必ず覚えることができるので、実践を積み上げていくことが大事です。

麻雀の点数計算に必要な符の計算ですが、まず、アガると必ず20符もらえます。 その他に、アガり方によって符が付け加えられていきます。 アガり方で付加される符の

麻雀において一般的に、アガると言われる状態は、和了と呼ばれます。 点数計算をするにあたり、飜と符とを合わせて計算をするのですが、この際に最も基本となるのが、副

麻雀でアガるためには、必ず役が必要です。 いわゆる4面子1雀頭を整えても、そこに役がなければアガることはできないのです。 麻雀の役には実に様々なものがありま

麻雀において最大の鬼門とされているのが点数計算で、中でも符の計算というものに、初心者は常々悩まされて来ました。 麻雀では、どんな形であれ、副底というアガると2

麻雀の点数は、符と飜との組み合わせで計算するのですが、実はいくつか例外が存在しています。 その中でも、七対子に関しては、どんな牌の組み合わせであろうと必ず25

麻雀の点数計算は、ざっくり言うと符と飜をもとになされます。 このうち、飜についてはそれほど難しいことはありません。 どの役は何飜、と決まっているのでそれに従



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン