トップページ  >  点数計算  > 基本的知識

アガサンとは、最終局において三位のプレイヤーがあがる場合、そのプレイヤーが、自ら三位を確定させる行為をいいます。 アガラスは、その行為について議論が別れている

三家和とは、サンチャホーと呼びます。 また、他にもトリプルロンやトリロンと呼ぶこともあります。 これは、ある者が牌を捨てた場合、3人のプレイヤーがロンでアガ

ある者が牌を捨て、それにより2人のプレイヤーがロンを宣言することを言い頭ハネのルール採用の場合、反時計回りのプレイヤーが優先してアガることができます。 頭ハネ

ウマとは、半荘の終了時にプレイヤーの順位に基づいて、プレイヤー間において、支払い・受け取りされる点数のことをいいます。 このウマは、複数の種類が存在しており、

麻雀で半荘開始時において、各プレイヤーにまず配点が支給されます。 これを配給原点といいます。 そして各プレイヤーは半荘終了まで点数を稼ぐことになります。

麻雀のゲームや小説、漫画などで箱という表現を目にしたり、耳にしたりしたことがある人も多いかと思います。 麻雀において箱とは、点数を集計する際、持ち点が0もしく

麻雀をはじめる際には、必ず最初の持ち点が決まっています。 これは勝負の形式やローカルルールなどによって異なっていますが、一般的には25000円であることが多い

麻雀におけるチョンボとは、初心者にとっては意図的な反則というよりはむしろ、わからないがゆえの初歩的間違いであることがほとんどだと思います。 例えば、役がついて

一般的に青天井とは、天井がないことを青空が見えることに見立てたことから出来た言葉であり、天井知らず、上限がないことを意味する言葉として用いられます。 麻雀にお

一般的には鳴き、とか喰う、とか言われている行為、具体的にはポン、チー、カンなどの行為のことを、正式には副露と言います。 自分の手牌に2枚同じ牌があって、それと

麻雀は厳然たるゲームですし、時にはギャンブルにもなりえます。 ゲームやギャンブルにとって最も大切なモノはルールで、ルールは社会における法律や憲法にあたるもので

リャンメンという言葉は、よくテープなどで聞く言い方です。 両面テープをリャンメンと言うのは、麻雀から来ているのですね。 麻雀には、テンパイしている状態の中で

麻雀ほどローカルルールや細則が多いゲームも珍しいです。 それはつまり、そもそも麻雀そのもののルールが細かいことを意味しています。 プレイヤーたちが自分たちの

麻雀は点数のやり取りをして勝ち負けを競うゲームです。 点数のやり取りはどんな符の数、そして飜の数の手を、どのような形でアガったのかによって違ってきます。 特

数え役満とは、通常の役満に当たる役ではなく、他の役の積み重ねによって13飜以上の飜数になってしまった場合に、3倍満ではなく役満分の点数を得ることができる制度のこ

アガりの符の数が30符になるのはどんな場合でしょうか。 まず、副底としての20符があります。 これに10符プラスされた場合が30符と考えられます。 ですか

麻雀の点数計算において、特にネックになるのが符の計算であることは、多くの人の意見を待たないところです。 それほど、符の計算は覚えづらく、やっかいだと感じる人が

手牌とは、ある程度丁寧な言い方で、普段は大体、手などと言われています。 手を読む、とか、奥の手を出す、などの言葉に用いられる手も、手牌から来ています。 手牌

最初から符と飜の全てを理解しようとしてもなかなか無理が生じてきます。 ですから、初心者が覚えるべき点数計算法とでも言うべきものは存在しています。 確かに、初

麻雀において、もっとも難関になるのは、点数計算であると言われています。 もちろん、他のゲームなどに比べ、ルールが比較的複雑なので、そもそも難しいゲームではある



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン